第16回日本フットケア学会年次学術集会

ご挨拶

第16回日本フットケア学会年次学術集会 会長 上村 哲司

第16回日本フットケア学会年次学術集会 
会長 上村 哲司(佐賀大学医学部形成外科)

2018年2月9日(金)10日(土)11日(日)の3日間、第16回日本フットケア学会年次学術集会を福岡国際会議場にて開催させて頂きますこと、会員の皆様には心より感謝申し上げます。

今回、3日間の会期とさせていただいた理由は、中日の2月10日が、フットの日となるためです。このフットの日は、日本フットケア学会と日本下肢救済足病学会の両学会が主催する足に関する啓発企画が行われる大事な日であります。

いわゆる<フットケア>は、大切な足を守り、最期まで自分の足で歩けることで、心や体といったその人が持って生まれたものを守るケアです。
今回のテーマは、《フットケアを深める —足病学とフットケアの団結—》です。

日本フットケア学会は、2003年10月に、第1回研究会が始まり、今回で第16回目の学術集会となりました。その目的は、フットケアをチーム医療として取り入れ、患者のQOLと医療の質の向上、医療の効率化という目標を追求し、フットケアの正しい知識と啓発・普及を目指すものです。一方、日本下肢救済足病学会は、2009年9月に、第1回学術集会が始まり、2018年で10回目の学術集会となります。その目的は、足病の治療・ケア・予防を行い、患者のQOLの向上を目指すものです。2つの学会は、名称は異なるものの、目指すところは同じく、足に関する治療、ケア、予防を行い、患者が歩くことを中心にQOLの向上にあります。

足病変をキーワードに、さまざまな討論がフットの日を中心に行われる多くの企画を開催します。 本学術集会がより有意義なものとなりますよう、多数のご参加を心よりお待ち申し上げております。

第16回日本フットケア学会年次学術集会