第16回日本フットケア学会年次学術集会

フットケアを深める

ー足病学とフットケアの団結ー

◆開催のご報告とお礼

第16回日本フットケア学会年次学術集会は、2,460名の皆様にご参加いただき、盛会のうちに終了いたしました。
また、市民公開講座につきましても、200名を超える市民の方々にご来場いただきました。
ご支援・ご参加いただきました全ての皆様に心より御礼申し上げます。

会長 上村 哲司(佐賀大学医学部形成外科)

<映像に関するお問い合わせ>
第16回日本フットケア学会年次学術集会
運営事務局 白浜 隆
E-mail:shirahama@zenith-j.co.jp
TEL:090-7929-5602

「第2回インソールでもっと健康に歩こう in FUKUOKA!チャリティーキャンペーン」へ
ご参加いただきました多くの皆様からの温かいご支援により、
寄付金の一部265,750円を「福岡県肢体不自由児協会」へ寄付いたします。
本事業に対し、深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

Photo Gallery

第16回日本フットケア学会年次学術集会

ご挨拶

会長から参加者の皆さまへのメッセージをご紹介しています

開催概要

学術集会の基本情報はこちらをご覧ください

プログラム

日程表やプログラムはこちらから閲覧・ダウンロードいただけます

参加登録・宿泊申込

事前参加登録・宿泊のお申込はこちら(外部ページへリンクしています)

チャリティキャンペーン

第2回インソールでもっと健康に歩こう in FUKUOKA!のご案内です

参加者へのご案内

ご来場の前にご確認ください

司会・座長、演者へのご案内

登壇者としてご参加の方はこちらをご確認ください

託児室のご案内

お子様を同伴する参加者のために託児室を設置いたします

アクセス

会場へのアクセスマップ、交通機関情報などをお知らせしています

市民公開講座

2月10日はフットケアの日。足は第2の心臓、ひと足先のフットケアを。

取得可能単位

取得可能な単位の詳細はこちらをご覧ください

注目プログラムのご紹介

注目プログラム一覧はこちら

これまで更新されたプログラム情報はこちらからご覧ください

学会参加モデルコースのご紹介
運営事務局からのお知らせ

運営事務局からのお知らせはこちら

これまで更新されたお知らせはこちらからご覧ください

広報委員会ブログのご紹介

広報委員ブログ一覧はこちら

これまで更新された広報委員ブログはこちらからご覧ください

組織委員会一覧
上村 哲司佐賀大学医学部 形成外科
過去の学術集会
日本フットケア学会について

フットケアは高齢者・糖尿病患者のQOLを向上するために、大変重要なものです。日本では血管外科、整形外科、内科、皮膚科のはざまで、患者ケアが行き届かない分野で、足切断になるまで医療者のケアがなされていなかったり、予防が不十分であったりする場合もあります。海外では、フットケアの専門職や専門病院があり、高齢者や糖尿病の足病変の予防と治療に成果をあげています。

日本においても、フットケアをチーム医療として取り入れ、患者のQOLと医療の質の向上、医療の効率化という目標を追求する、効果的な医療手段としての関心が高まってきました。そこでチーム医療によるフットケアの正しい知識と啓発・普及を目指し、当学会を設立することになりました。

日本フットケア学会ホームページはこちら

日本フットケア学会への入会や総合情報はこちらをご覧ください

第16回日本フットケア学会年次学術集会Facebookページはこちら

第16回年次学術集会の最新情報はこちらをご覧ください

第16回日本フットケア学会年次学術集会 運営事務局
株式会社日本ジーニス
〒810-0073
福岡市中央区舞鶴3丁目1-27 第2理研ビル2F
TEL : 092-732-0686(平日10:00~17:00)
FAX : 092-406-2467
メニュー